愛猫スピにゃん

実はうちのスピにゃん、入院しておりました。

花かじって中毒になった、ってワケではないですが、
花飾るのやめました…

ここしばらく、鬱々とした日々を送っておりました。
台風も戻ってきましたね…

昨年の血液検査で肝臓と腎臓の数値が
治療ギリギリだったスピにゃん。
そろそろ今年のワクチン接種、っていう時期に、
スピにゃんは何食べても吐くようになって、
水も吐いて、でも食欲はあって…という状態で、
病院へ…

ちょっと覚悟しました。
猫はいつもは元気でも、一度倒れると、積み木崩しだから。
とくに腎臓病は尿毒症おこしたらもう、ホント、覚悟。
数日で亡くなることもあるから。
過去にそうやって亡くなった猫いたので、覚悟しました。

入院の間、点滴治療して、血液検査してレントゲン撮って…
異物を飲み込んだ可能性は低い、ってのと、
レントゲン上、まだ腎臓の大きさは大丈夫、ってのと
(腎臓病になると腎臓の大きさは二分の一ぐらいに縮むそう)
血液検査上、数値は超えてるけど、
多分まだ初期、であろう、と。

肝臓の数値は昨年から餌を切り替えたのが良くて、
正常値に。
でも腎臓は…今度から療養食です。

できたらうちの猫たち、娘が小学生になって
一緒に可愛がれるまで
元気で長生きして欲しいって思ってて…

スピにゃんは飼い主から離れたらストレスで弱る
という猫なので入院は不向きってことで、
自宅療養になって、
現在、とりあえず元気に通常のスピにゃんになってます。
退院して数日はぐったりしてて心配したけど。
今は食べても吐かなくなったし。

モトモト甘えたさんだったけど、
今は更に甘えん坊になってます。
このまま元気になって欲しいと思います。

グルーチョのほうは、スピにゃん
入院初日は寂しそうでしたが
すぐに一人っ子満喫状態でご満悦でした(汗
退院してしばらくはスピにゃんの体臭が変わったのか、
(点滴生活だったもんね…)
とにかくスピにゃん来ると怒ってました…

今は仲良しに戻って、ひと安心です。

やっぱりお家が一番☆