午前3時

私はぐっすり寝入っていた。

でもなんか猫二匹の様子がおかしいな~
と思って目をさますと、
なにやら音がする。

なんだろな~と思って起き、
何気に玄関に目をやると、

な…!!!!!

誰かが一生懸命ドアノブ回してる…
んで鍵穴にも一生懸命差し込んでまわしてる…

けっこう怖いよ、コレ。

眠気吹き飛んで、
代わりに胃のあたりがズンっと重くなったです。

ああ、怖いとそういう身体変化があるんだ、なんて思いつつ、

多分酔っ払いだと思うけど…
人が居ても気にしない強盗ってこともこの世の中あるかもだし。
そうすっと一家惨殺?…とかなんかネガティヴな妄想してみたり。

あ、インターフォンで疑問を投げかけてみればいいんだ。

と思った瞬間、エレベーター方面へ去っていった感じ。
ホッとした瞬間、また戻ってきたらしく、
ガチャガチャガチャ…

あー、、もー。

あ、そうかダンナ起こせばいいんじゃん。悪いけど。
恐怖は共有しなくちゃ。

と思ってメチャ寝入ってるダンナを
「誰かがドア開けようとしてるんだけど」と起こし、

そしたらダンナは眠い目のまま覗き穴から外を見て
「あ、酔っ払いだ」
って、ドア開けようとするもんだから、

「イ、インターフォンあるんだから使いなよ!」と
臆病ものの私は叫んだのでした。
だって自分の部屋と信じて疑わない酔っ払いだと困るし。
部屋間違ってる時点でかなり記憶がとんでるぐらいは飲んでるし。
どんな行動に出るかわからんし。

「部屋間違ってるよ。ここは○号室だよ。」
って言ってもガチャガチャガチャ…
「…あなたの部屋は何号室ね?○号室?
階数が違うよ、ここは○階だよ。」
って言ったらまたエレベータの方へ去ってゆき、
また戻ってきて(汗 
ガチャガチャガチャ…

「だからさ、部屋間違ってるって」
と何度か言った後、今度はホントにエレベータにのってくれた様子。
今度こそは戻ってきませんでした。

ダンナはトイレ行ってすぐまた寝ちゃったんだけど、
ただでさえ寝つき悪い私は、猫とともにしばらく起きてました。

それにしても強盗じゃなくて良かった!
鍵かけ忘れてなくて良かった!
一人暮らしでなくて良かった!
男手がいて良かった!
インターフォンがあって良かった!

娘が起きなくて良かった!
起こしてたら、う~ら~み~ま~す~。
○号室の住人め!て。

なんつ~か、寝不足です。