ファッション・チェック

NHKで毎週木曜日にやっている
「スタイルアップ」という番組は、割と良く見る。

今月は「ティム・ガンのファッションチェック」

相棒のヴェロニカと共に、辛口よ…
ティム、厳しいのよ。
自分の好みに正直なとこは素直で良いっす。
(ティムはバルーンスカートとか嫌い…)

でも、上品な大人の女性へ変貌させる腕は確かかも。

私は着るものに関してはあまりにも無頓着だから
この二人に来て欲しいぐらいだ。



ううん、怖いっす。

でもでも沢山のアイテムは必要ないっていうのは嬉しいかも。

ティムの考える、必要なアイテムは10着だけ。

1.ベーシックな黒のワンピース
2.トレンチコート
3.クラシックなドレスパンツ
4.スカート
5.ジャケット
6.クラシックな白いシャツ
7.ワンピース
8.カシミアのセーター
9.ジーンズ
10.リラックスウェア(ただし洗練されたもの)

どれも自分のサイズに合ったデザインで、似合うもの、ってのが条件だけど。
こんだけあればいいんだって。

トレンチコート…沖縄ではいらない?
いや、コートって分類でいいのかな。

今、昔、衝動で買って死蔵になってる服のことを思うと、
厳選することっていう大事さって、最近とても痛感するのです…。

着てて気分がいい服を着なさいっていうのがティムの教え。

余談だけど、うちの娘は「可愛い」が口癖。
洋服も大好きで、新しく買った服は必ず着たがる。

「着てみる?」
「うん」
「ほら、可愛いよ。鏡みてごらん」
いそいそと鏡のとこに行く。すごいニコニコで

「かーい!!かあいいい!(可愛い)」と連発

「パパにも見せてきてごらん」って言うと
いそいそとダンナのとこへ行き、
「かあいい~」(←疑問形ではない。賞賛を強要している。)
と連発。

そんな娘だから、いつの日か、私のほうにもチェックが入るはず。
いや、もう以前入ったことがあったな~。

自分でも微妙かなあという色のシャツを着てみたら、
娘は見るなり

「イヤ」といって、違う服を指差して
「かーい!(こっちが可愛いよ、の意)」と言った。

最近は着る服は自分でチョイスしている。
上着もパンツもズボンも靴下も靴も自分でできるようになった2歳3ヶ月。
ボタンの服は只今奮闘中。

私が用意した服を気に入らない時は
自分でタンスの引出しあけて自分で取り替えてくる…

「今日はこれなの!」って感じで。


うちの妹は6歳の娘に
「お母さんは可愛くない!!もっと可愛い服着て!」
とダメだしされたと言っていた。

うちの妹、オシャレさんだったのだが、子育てで忙殺されて
どーでもよくなってたとこで言われたと。

ふ。

まあ自分のためにもオシャレはしよう…
確かに着心地よくて似合う服を着てると気分いいものね。

とりあえずもう着なくなった服は厳選して処分しよう。