娘の言葉

今朝、普段なら「おはよう」といっても
頭だけペコリ、とする娘が、

「まーま、おはよ。」と言った。

え?

「ママ、おはよう」

ニコニコして言う娘に、じーんとしてしまった朝でした。

最近は単語でなく、会話できそうな言葉を話すようになってきた。

赤ちゃん時代はホントに懐かしいものになりつつある。
子どもの成長は早いなあ。


何度か聞いておぼえる言葉もあれば、
一発でおぼえる言葉もある。

「ケーキ」が最たるもので、一発でおぼえた(笑
食べ物系は強いみたい。

「まーまーも、ケーキ。パーパも、ケーキ!○○ちゃんも、ケーキ!」
朝から呪文のように言うぐらい、ケーキと言ってた時があった。

「いや、ケーキ、今日ないよ」
といいつつも、
あとで買ってこようかな?なんて思ってしまったりする。

お雛様も昨年は見てもあまり反応なかったけど、
今年は、
「わ~あ、かあい~ね~」と言ったりして反応がある。

「○○ちゃんのおひなさまよ」っていうと

「おひにゃしゃま…」ってごにょごにょ言ってた。

保育園で娘のクラスにかなり言葉が達者な子は数名いる。
話す言葉を聞くたび、
「ええ?同じ歳?すごい!ホントに?!」と思っていた。

発達の速度って様々だな~って思いました。