娘のあいさつ

娘、すくすくと育っております。

ご近所さんとあいさつを交わすのが大好きです。

最初は、あいさつの手本は親から見せねば、と、
子どもに「ほら、あいさつして」とか言ったことは無く。
そのへん自主性にまかせてました。

何よりも私が強制されるのイヤな子どもだったから。

子どものころ自分からあいさつしようと思ってたら
先に親に「ほら、あいさつしなさい、こう言いなさい」
的なことを言われてかえって「絶対あいさつしない」という
よくわからん反抗心を育ててしまったしね。

しかし未だに親は(70代)娘(40代)に
「ほら、お礼言いなさい」「こないだはありがとうって」
って裏からセリフを用意するよな面があるのよ。困るのよ。
いつまでもこの関係は変わらないのね…

てなことで。
娘にはあいさつを強いてはこなかったことが幸いして。

現在、私が先にあいさつしようとすると。
「あっあ!あっちゃんが先に言うから!ママは言わないで!」
と、ママ、あいさつ禁止令が。

で、最近はご近所さんと目があうと
「おはようございます。どこいくの?」とか会話してます。

「お仕事だよ」とか返してくれると

「お仕事がんばってね~!あっちゃんはほいくえんいくの~」

と送り出しております。

全部自分で考えて話すのが楽しいみたいです。
そりゃそうだよな~
わからないことだけ聞いてきます。

例えば近所の学生さん(多分大学生)に「こんにちは、どこいくの?」と
声をかけて、「学校だよ」ってこたえてくれた場合
小声で「ママ、学校ってなにするの?」とか聞く。
「お勉強するところだよ」って言うと
「お勉強がんばってね~!いってらっしゃーい!」
と送り出してから
「お勉強って、なにすんの?」と。

今後も聞かれたことだけこたえようと思います。
時々こたえにくいことは娘と考えようと思います。

娘のおかげで、ご近所付き合いがなんだか気楽。

思春期になったらまた性格変わるとこもあるかもだけど。
できるだけ自主性にまかせたいな~と思ってます。

話は変わりますが。

昨日、トイレでがんばってた娘が
娘:「ママ~、うんこは食べられないよね?」
私:「…そうだね」
娘:「くさいからね」と妙に自分の説に納得したよな感じで言い、
  「めんどくさいもんね~」と。

いや、めんどくさいのくさいは、ちょっと意味違うから
って説明するのが難しい私なのでした。

こういう話、深夜帰宅する夫に話しするのがまた楽しいんだ☆
夫は起きてる娘に会えなくて、ちょっとさみしそうなんだ。

このブログの人気の投稿

『美しい家』化、計画。

ブロガーブログで再始動

猫を拾う