投稿

11月, 2011の投稿を表示しています

お葬式

最近一番の大きな行事は祖母のお葬式。

97歳。カジマヤーもすませて、
息をひきとった当日はモリモリ朝食を食べ、
しっかり栄養とって、眠るように天への旅路につきました。

一世紀近く生きた。
ボケもせず。
食事も普通食で。小食でもなく。

好んだ嗜好品はコーヒーとチョコレート。
これは、亡くなるまで食していた。

好きなのだけ食べて長生きした。

精一杯生ききったので本当に天晴れだ。

私は通夜では泣かなかったけど。
火葬場で火入れのスイッチが入った瞬間、私にもスイッチが入って
ホントに泣き崩れた。
理性では、今回は泣かずにおくってあげられる。
じーちゃんの時とは違って成長したなあ。
とか思ったけど。

火葬場は現実に引き戻す場所でもある。
ホントにお別れなんだよ、と。

娘(4歳になったばかり)は仮通夜、御通夜は連れていって、
火葬場も連れてくつもりだったけど。
夫に「娘に見せるにはまだ早い」と止められたので火葬場は私一人参加。

私のとこの家系はそういうことには無頓着なのかあえて見せるのかわからないけど
私もものごころつくかつかないころから親族の葬式や火葬して骨壷おさめ、ってのは
参加させられてたので、まだ早いのかな~?そうかな~?と思った。

夫側の家系は死やお墓には小さい子は触れさせないという配慮をする方針。
三歳まではお墓に近寄らせないぐらい。
門中墓でいろんな人がいるから、という理由。

うちは門中ないから、そういう意識、育たなかったのかな。

結婚して初めての近い親族の死ではいろいろ発見があるなあ。
とも思いました。

妹は関東から子ども連れてきてたので、うちの娘と同じ年の姪っ子も
火葬場に連れて来ざるを得ないので、その子はばーちゃんが骨になるのもしっかり見た。

その後、「死にたくない」ってうちの妹に訴えてたそう。

小さい姪は遺体が骨になるまでを見てた。
だから「ひぃばあちゃん早く元気になるといいね」とか
今でも言ううちの娘みたいなことはもう言わない。

うちの娘は眠るように横たわってるひぃばあちゃんだけしか見てないから。
実際ほんと寝てるみたいだった。


お葬式、そして初七日がこないだ終わりました。

お坊さんが
「死は皆に平等なので精一杯生きてください。死だけは順番良く、とはいかないのです。
ばあちゃんの次、お母さん、子ども、孫、って順番良くいけばいいのだけど、そうじゃないから…

再開

いや~。
長かった。

引っ越してから。
いろいろありました。

お盆とか。
台風とか。

あとネットが台風の影響で9月半ば以降の工事になったり。
つながってもメールができなかったり。

あともう設定が面倒になっちゃったり。

どーにかこーにかで、再開です。


娘は今の家の近くの園に通わせたら、合わなくて退園し、
また他のとこさがすのに労力と精神力を要しました。


そう、引っ越してきて、娘の園さがしが一番大変でした。

前のとこが合い過ぎたんだよな~、恵まれすぎてたよな~、
と、離れてみてわかる、今まで通ってた園の素晴らしさ…。

片道二時間かけて通うか…?!と魔がさすほど
次の園探しは大変でした。

娘、つい最近まで前通ってた園のお友達ごっこ、家でやってたし。
架空の園バスで毎日ここまで娘に会いに来るのらしい。
そして時々お泊りするのらしい。

最近やっと今通ってる園のお友達の名前が出てくるようになったから良かった…。


今働いてないから家庭保育でもいいじゃん、と思うかもしれないけど
うちの子の体力、すごいんです。全然ついていけない…母、四十路(涙。

あとね、集団でしか得られない何かっての、絶対あると思います。


3、4歳児は、もう、ごまかしきかないのよね。
なかなか繊細なのよね。

今ようやくさがして通わせてる園は相性が良かったらしく、二週間で慣れた…。
近くの園は二週間で退園…。

合う合わないって、大事…。

最初は皆泣くものよ~、と周りは言うけども、
何かが変だな?という勘みたいな、直感みたいなので
必要な我慢と、必要でない我慢なら、これは必要ではない我慢の方だな、
って判断して退園させて…。

外遊びが好きな子なので、同年代のお友達とたくさん遊んでくること、
ってのが私の保育の目的だったので。

今通ってる園は体験型保育で、娘に合った園だった。
他の園よりお出かけ多目だから危険も多いかもだけど。
だから保険にも入ったけど。

死ぬ時は家にいても死ぬ、と思うので。

もちろん安心感を得られないと入れないんだけど。
子どもたちのために、一生懸命って姿勢に共感して。


近いから、で選んじゃいかんかったな~で反省。
退園させる時はいちばん悶々としてた(世間の考え方と自分の直感で葛藤)。
でも決断して正解。

「ママ、パパ、今の園にしてくれてありがとう~」と娘にお礼を言われた。
近くの園は「お願いだからや…