ミルクチョコレートの家、その後。

チョコの家。

どうしても、どうしても

「保育園にもっていく~!!!
 園のお友達と食べる!!」

と聞かないので持っていきました。

「きっと皆喜ぶはず~♪」

とニコニコの娘とは対照的に、私のほうは

園に持ってって迷惑がられないかなあ?
という気持ちの方が大きかったり。

皆に行き渡らないなら持っていかないほうがいいのでは?とか、アレルギーの子がいたら、とか、喜ばれない理由をあれこれ考えてモンモンとしてたんだけど。

「すいません、これ…」って感じで先生に渡すと、

「いいんですか?」と満面の笑みに。

そして「みなさ~ん!!!お菓子の家がきたよ~。飾りましょ~!」って。

皆、うわ~って寄ってきて満面の笑みに。

うちの娘もニッコニコ。

私の心配は杞憂でした。


お菓子の家は、大人も笑顔になる魅力があるよね。

それに行き渡らないなら持っていかないほうがいい、ってより、娘みたいに、自分が楽しかったことを分かち合いたい、って気持ちのほうが周りを明るくするよな~って、ネガティブな自分を反省しました。

きっと今日のおやつの時間に眺めて、皆で食べると思う。

喜んでもらえて良かったなあ~





このブログの人気の投稿

ブロガーブログで再始動

『美しい家』化、計画。

猫を拾う