投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

猫を拾う

イメージ
実は1月3日、地元の土地神さまを娘と2人で参拝した帰り道で、
子猫を拾ってしまいました。

その日は木枯らしの吹く寒い日で、
猫がいた場所は人通りも車通りも少ない寂しい道でした。

子猫は歩道の真ん中で倒れてて、
寒いのに丸まりもせず横たわってたので
死体だと思ってたんです。

このままだと踏まれたりするかもと
路肩の方に寄せてあげようと思ったら…

生きてた。

目やにで目もあかず、
人が来ても逃げる気配も無く。

ガリガリでどう見ても死体だったんだけど…。

生きてた。

でも…これは…ヤバい…。と。

このまま置いてたら確実に死んでしまう。
連れて帰っても生きるかわからない…。

目の前の猫を呆然と眺めて
「どうしようか…」と娘にいうと、

「連れて帰ろうよ!」と即決。

多分そのまま帰宅したら、
しばらく「あの猫、死んだのかな~」と
悶々としそうなのは目に見えていたので、
マイバックに入れて、持ち帰りました。

先住猫がいるので、子猫は隔離で。


4日から営業している動物病院にかけこみました。

ノミダニ駆除薬をして、
衰弱してるので注射による点滴、そして目と鼻に点眼。
検温で34度(猫の体温は39度前後らしい)だったので、死が近い。

とにかく温めて!と指導され、帰宅。

子猫は生後4ヶ月ぐらいらしい。















次の日もピクリとも動かないし、
餌も流動で入れても吐いてしまうので、
うちで飼ってる猫の主治医の病院へ連れていきました。
(5日から診療だった)

インターフェロンを試してみましょうか?と言われて、
生きるか死ぬか、いちかばちか、で、打ってもらいました。

インターフェロンは調べてみると、副作用の強い薬剤。

でも死にかかってる猫の免疫系に働いて、
快方に向かう可能性も秘めている…。

流動食がダメ、って訴えると、 きっと長いこと飲まず食わずで、胃が受け付けないはず。 猫は鼻がきかないと食欲も出ないから、
鼻が大丈夫になれば餌も食べるようになるはず。
それまでは、高栄養ミルクをスポイトで飲ませてあげて。
というわけで、ミルク処方。
猫風邪だけではこんなに症状は重くないはず。
だからきっとお腹に虫もいるはず。 検便できるほど便がないからどんな虫か特定できないけど、
便が出たら、持ってきてね。
という診断で帰宅。
「…この子、生きますか?」とおそるおそる聞くと、
「わからない。あとはこの子の生命力」