アセンダントと1室から求められてるコト

2021年5月22日土曜日

占星術

アセンダント牡羊座でホロスコープの支配星が「火星」。

火星は11室に在室なので11室頑張ろう。ネットとか?未来的な何かとか。


そんな感じですけど、アセンダントと1室自体から求められてるかなと感じる生き方が

「メリハリのある生活」。

というのも、アセンダントのサビアン度数が7度だから。

「二つの領域で同時に自己表現することに成功する男」

これが私のホロスコープの題名みたいなもの・・・なんだろうと思う。


在室の小惑星キロンとエリス、同じ度数で「14度」。

ちょっとドロッとしたシンボル。「男と女のそばでとぐろを巻く蛇」

思い当たるふしはいろいろあるシンボルだけども(対人関係的なものとか)、

自分でできる対策として、サビアンのサイトみてて響くのは「規則正しい生活」ってところ。

すたくろさんのサイトではしっかりと「健康的なライフスタイルを心がけるコト」って書いてありました。



結構昔から不規則なんで、耳が痛いけど、なんとなく改善しないとなとは思っているポイントでもあり・・・・。


運動とメリハリのある健康的なライフスタイルの確立。

これだけでもいろいろなクオリティが上がっていきそうですね。


あと1室にはパートオブフォーチュンというのもあって。

29度 「天球の音楽」。なんか綺麗な響きだなあ。

これは正直どう扱っていいのかわからないので・・・

とりあえずいい「音」とか好きな音楽聞いとこうかな〜と。


アラビックパーツ、まだよくわからないけど、1室にあるので一応気にとめておきます。

シンプルに10天体で読んでいきたいという思いはありつつ。

1室に関しては感受点含めて全部読みで・・・。

重要な感受点(天体以外の計算上のポイント)もいくつか。アセンダントもそう。それらは加味せねば・・・。