お片付け本「自衛隊式片付け術」

2021年7月21日水曜日

住・改善 占星

今日片付け始めたら、多分収集つかないなー、台風だし。

昨日から暴風警報発令されたけど、朝からバスもモノレールも運行してる。

沖縄的には普通の夏の日常かな〜。(現在は強風域)


というわけで片付け本でも読むことに。

片付け本って健康本のようにやたらといっぱいある。

だからどれが「正解」というのが無いんだろうなって思う。

なのでエンタメとして楽しんでます。


今日読む予定なのは「自衛隊式片付け術」。

なんかこう。。。。火星っぽい?(私のチャートルーラー)



電子書籍で読みます。
キンドルアンリミテッドなら現在は無料で読める対象でした。
私は書籍は毎月五千円内外買うほうだったので
アマゾンのリミテッドはとても重宝しております(お金とスペースの節約に)。

鉄則その1
「掃除・片付けの究極の目的はサバイバル」

「はじめに」より
周囲を常に清潔に保ち、整理整頓しておくことは、自衛隊においては生き残りに直結します。有事の際には必要なものを瞬時に取り出せなければなりません。備品ひとつなくしたことで敵に発見され部隊の居場所が特定されてしまう恐れがある以上、何を、どこに、いくつ置いてあるのかを常に把握していなければならないのです。だからこそ、自衛官はイヤというほど、片づけや身の回りの整理整頓をたたき込まれるのです。
しかし、考えてみると常に危険と隣り合わせなのは、自衛官に限ったことではありません。とくに近年の日本では、地震、津波、台風、豪雨など大きな災害が頻繁に起きています。
ふだんから部屋の中のモノを機能的に並べられるということは、頭の中でさまざまな物事が整理整頓されていることと同義です。掃除は身体を習慣的に動かすため、いざというときに機能的に動かせる身体づくりにも役立ちます。そして日用品、仕事道具などがきちんと整理整頓されていれば、瞬時に必要なものが取り出せるので、効率的に素早く物事を処理することができます。掃除・片づけは究極的にはサバイバルにつながるのです。そしてこれらは、生まれつきの能力や、好みとは関係ありません。日々繰り返すことで、誰でも身につけることができる技術なのです。
ぜひ、本書で自衛隊式片づけ術を身につけて、イザというときに役立つ身体と心の備えを整えてください。(本書より引用)

こう、命懸けというような徹底的さがいいかなって思います。雰囲気的に。
今年の(私の)開運トリガー冥王星なので( ^ω^ )

読後の感想はまた書きます♪