お片付け本「自衛隊式片付け術」感想

2021年7月26日月曜日

お片付け 占星

今日の記事は、以前に書いた記事の続きとなります。

片付け本の感想です。

自衛隊式片付け術」。


結論として、非常に気に入りました。

情緒もいい雰囲気の言葉も無いんですけどね。

「サバイバル」が究極の目的ですし。

でも妙〜に心に響くというか刺さるというか。


今まで「ときめき」や「開運」、「心地よい暮らし」など。

耳障りの良い言葉の片付け本を手に取ってみたりすることは多かったし

そういう本、多めですし。

そしてそういう、いい雰囲気の本、大好きですし。


でも根本的に響かなかったんだなーと。

自衛隊式は無駄が無く合理的で「サバイバル」重視。

この辺を抑えてからのインテリアかな?と思いました。

命を脅かす危機をすべてクリアした後のことかな?と。


自衛隊ってなんか蟹座っぽいなー?なんて思って設立日みたら

1954年7月1日に設立で、思いっきり「蟹座」。

一気に親近感湧いたね。

専守防衛に徹底、というのも、納得な設立日。


ちなみにタロットカードで蟹座に対応するカードは「戦車」。

安心安全のために戦う蟹座・・・。

蟹座の安心感は月の安心感なので、自分の情緒を安定させるためにも

気合い入れ直して「本気」で「命懸け」で環境整備に勤しまねば。自分のために。


私のホロスコープの「月」小惑星「セレス」そしてICはアスペクト0度。

月とセレスのサビアンは蟹座6度の「巣を作る猟鳥」。

生活の基盤を整えるために念入りに環境を整える。って

すたくろさんには書いてありました。


セレスは「育てる」という意味合いの小惑星。

とても母性的。蟹座っぽい。それが4室で蟹座で月と共に天底基盤に絡んでる。

サビアンシンボルそのままな感じ。

環境をしっかり整えて初めて安心できるという。


もうね、やるしかないですね。お片付けを。

この本ってば、実はわたしに必要なお片付け本でした。

昨年なら手に取らなかった系統のタイトルなんだけどね〜。

試してみるものです。


和洋折衷、大正浪漫好き〜!!インテリアのテーマは「静謐」。

という趣味嗜好に走る前に、

この本の基本を徹底させてからかなと思いました。


自衛隊式お片付けの本は、ホロスコープで蟹座サイン多い人、強調されてる人。

4室が強い人。にオススメできる・・・というか、響くかもしれません。


これからの私の片付けに必要なのは「徹底的さ」かな?

ゆるっ、とらくな片付けという気持ちでは、足りなかったなーと反省。


片付けの目的は「サバイバル」。

この本片手に(結局買ったし)まずはそこから始めてみよう。